キャッシング

大学受験HACKS♪ ~大学受験の知恵と勉強法~

現役東大生が送る大学受験を楽しくする知恵が満載なブログ。最新の脳科学とツールを駆使して、「少ない努力で最大の成果を」をモットーに楽しく成果が出る大学受験勉強法を紹介しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【高1,2年】 部活を続けながら現役合格する!

皆さんは、部活をやっていますか?

部活に限らず、高校生のうちにしかできないことって結構たくさんあると思います。

受験があるからって本当にやりたいことをあきらめてしまうのは非常にもったいない。

というか、一度きりの高校生活、自分の好きなことしたいですよね?

今の日本の受験社会にはそういう風潮が足りないと思います。

今回は部活等やりたいことをやりながら大学に現役合格するポイントを述べていきます。

これは僕の体験からの記事ですが、是非とも参考になればと思います。

続きは↓


ポイントは

①とにかく英語
②的を絞る
③部活を頑張る



①の英語ですが僕の経験上、英語がある程度できるようになれば私立はだいたい受かります。

英語は学力と点数が最も比例する科目だと言えます。

さらには受験の中で最も大事な科目であると同時に、これからの社会において必須のスキルだと思います。

高1、高2の間はとにかく英語を最優先に勉強してください。

英語にセンスもクソもありません。受験英語に限って言えば、やるかやらないかです。

ぶっちゃけ文系の人は英語だけ勉強してりゃ私立はなんとかなります。
(理系のひとは数学も少しだけやっといてね。笑)



②の的を絞るとは、早めに自分の受験科目を決めてしまうことです。

そしてその勉強だけやってればいいんです。
(他の科目は赤点で構いません。ただし推薦狙う人は別)

俺は高2の日本史と世界史は毎回10点代で、授業中は内職か睡眠に使ってました。

確かに受験に関係な科目の教養も必要です。

アップルのSteve jobsさんが言うように、「一見今やってることが将来に必要なさそうに見えても、後で振り返るとどれもつながる。」というのは真です。

けれでも、俺は部活と受験と決めて、その上で日本史も世界史もやる時間はなかったです。

そんな時間があるならバスケやってました。要は自分の選択の問題です。

また、学校の授業受けていて、こいつ使えねぇと思ったらさっさとその科目は独学でやりましょう。授業聞いてる時間がもったいないです。

このサイトでも紹介していきますが、ネットにはいろいろと勉強の方法論が載っています。

時間を有効に使いましょう。



最後の③は逆説的ですが、俺はここを一番強調したいです。

正確な統計は取ってないからなんtのも言えませんが、俺の高校では受験のために部活を高2で辞めたやつよりも高3までつづけたやつの方が合格率は高いと思います。

何か一つのことを最後までやり通すのは大きな自信になり、本当に人間的に成長します。

大学の就職活動で体育会が有利なのはその理由だと思います。

中途半端に部活をやめても、時間は長いし、絶対に勉強に集中できません。

それよりも最後までやり切ってから切り替えた方が、時間はなくともかえって効率がいいです。

(ここでも締切り効果が表れていると思います。)

僕も部活を高3の夏までやりましたが、その上で大学に合格することにこそ価値があると思っていました。

部活をやり通すことは、たとえ最後の試合で負けて引退したとしても、

いつか大きな財産になります。(by 山王・堂本監督)


いつも投票ありがとうございます♪
もし読んで有益に感じたら、今回も投票よろしくお願いします↓


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験へ




| 高校生活 | 21:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jyukenhacks.blog86.fc2.com/tb.php/88-d6d9de63

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。