キャッシング

大学受験HACKS♪ ~大学受験の知恵と勉強法~

現役東大生が送る大学受験を楽しくする知恵が満載なブログ。最新の脳科学とツールを駆使して、「少ない努力で最大の成果を」をモットーに楽しく成果が出る大学受験勉強法を紹介しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

効率的な勉強法の4つの新常識とは?

海外のサイトですが、面白い記事を見つけたので紹介します。

Think You Know How To Study? Think Again(勉強方法をもう一度考え直してみよう)

ここで紹介されている1人で勉強する上で大切な4つのポイントを僕の視点を加えてまとめてみたいと思います。


Test yourself 自分でテストしよう

何か新しいことを学んだら、必ず自分でテストしてみよう、ということです。それは2度同じことを学ぶよりも遥かに効率の良いことです。

僕はざっくりと勉強したらあとは問題集でのアウトプットを中心にした勉強を推奨していますが、問題集で勉強するよりも自分でテストを作レルくらいになる方が、理解の程度が深いということもあるかと思います。

ともかく、二度同じことを勉強する暇があったら、一刻も早くテスト形式での勉強をしましょう。


Move around 勉強する場所を変えよう
 
これは僕のブログでもほとんど同じことを主張しています。勉強する環境を変えることで常に脳に刺激が入り、より多くの情報が記憶出来ると思います。

電車の中での勉強や、ちょっとした隙間時間の勉強は意外とはかどるというのは僕の実感値ですが、これも近いことが挙げられるでしょう。

*参考:勉強環境を変えてみる


Mix it up 勉強法を組み合わせる

優秀なフットボールプレーヤーは、筋力トレーニングとスピードトレーニングを組み合わせています。どちらか一方をする選手はいないのと同様に、勉強法にもこれが当てはまります。

つまり、様々な勉強法を組み合わせることで相乗効果が生まれるということです。例えば英語を勉強する時に、声に出して読んだり、発音してみたり、CDを聞いてみたりと様々な方法を組み合わせることで、より効率的に知識を定着させることが出来るでしょう。


Space it out 間隔を開けて取りかかる

勉強した内容はそのそばから忘れて行ってしまいます。エビングハウスの忘却曲線によると、1時間で学んだことの約半分は忘れてしまいます。

なので、短い間隔を開けて何度か取り組むこと大事になります。

*参考:5分で出来る記憶術



以上のことは科学的な根拠もあることですので、是非今すぐにでも試してみてください。

| 勉強法一般 | 15:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jyukenhacks.blog86.fc2.com/tb.php/341-f1446048

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。