キャッシング

大学受験HACKS♪ ~大学受験の知恵と勉強法~

現役東大生が送る大学受験を楽しくする知恵が満載なブログ。最新の脳科学とツールを駆使して、「少ない努力で最大の成果を」をモットーに楽しく成果が出る大学受験勉強法を紹介しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大学生になる方へ

今年から大学生になる方へ。

受験お疲れさまでした。希望の大学に入れた方、そうでない方、いずれにせよ大学では良くも悪くも多くの自由が約束されています。

自分の大学生活が果たして良かったかは僕自身常に自問自答しているところですが、僕が感じたことや思ったことなんかを偉そうにアドバイスしてみたいと思います。

主観たっぷりだと思いますが、1つの参考までに。



僕からの皆さんへのメッセージはとてもシンプルでたった2つだけです。

何事も自分の頭で考えろ

人と違うことを恐れるな


どちらもシンプルですが、非常に大事なことだと思います。そして実はどちらも結局は同じことを言っています。






日本人は自分も含め、良くも悪くも集団の総意や周りに流されます。

良い例が先の自民党が大敗し民主党が大勝した選挙でしょう。

公約内容などはさほど変わりはないのに、世論に流され、政権交代という名目に流され、数多くの人が民主党に投票しました。

民主党に投票した人の中で、自分の頭で政策の中身をしっかり考えた上で投票した人が何人いるのかは甚だしく疑問が残ります。

著名な方々の間の中で、現代の日本人は自分の頭で考えることを放棄している人が多いというのはある程度総意の取れている意見です。

受験に始まる偏差値教育も、ただ答えを見て問題の解法パターンを暗記するだけで、要領のいい人はたいていの大学を突破出来るでしょう。

そういった人たちは、答えのある問題の暗記は出来ても、答えのない問題に対しては何も出来ません。サブプライムに始まる金融危機、長期的な不況、高齢化社会など世の中のほとんど全ての事象が答えのない問題です。

だから僕はこのブログで、受験でも自分の頭を使って考えろと口を酸っぱくして言いました。



大学に入ると様々な選択が待っています。サークルに入るか部活に入るか、どんな授業を取るか、最終的な専攻はどうするか、夏休みは何をして過ごすか…挙げればきりがありません。

先輩の意見を聞くことはいいですが、安易にそれに流されずに、必ず自分の頭で考えてください。どんな選択をしたら自分に取って良いのか、本当に自分がしたいことは何なのか?

本を読んでもいいし、ネットで情報を集めるのもいいと思います。ただし、最終的な決断は自分で決めてください。

そしてそれがたとえ多くの人と違う道を歩むことになったとしても、それを恐れない勇気を持ってください。

どれだけ自分の頭で考えて、人と違うことをしてきたかということが大事です。

というのは、まだ少し先の話になりますが、就職活動では評価されるポイントもまさにそこです。多くの人がありきたりな学生生活を送り、自分の頭で何も考えずに惰性に流されています。「どの学生もほとんど同じようなことしか話さない」とある面接官は嘆いていました。


周りと違うことをする勇気を持ってください。

こういうと無責任かもしれませんが、それで失敗してもいいと思います。大学時代なんて大した責任なんてないし、死なない限りいくらでもやり直せる。

自分の頭で考えて行動した結果失敗しても、それは必ずや評価されます。





偉そうに色々と書いてきましたが、僕が初めからそれが出来ていたわけでありません。

多くの情報に流されて、勉強もせずに怠惰な学生生活を送ってしまった時期もあります。

だからこそ、その後悔もあり、今後大学生になる皆さんには同じ失敗をしてほしくないと老婆心ながら思い、書かせて頂きました。

色々と勧めたい本はありますが、このエントリではシンプルに1冊だけにします。(後日オススメ本のエントリを書きます)

これは僕が大学2年の時に読んで如何に自分がぬるま湯につかっているかを気づかせてくれた本でした。

興味がありましたら、是非ご一読を。

命の使い方―落合信彦選集〈6〉 (小学館文庫)命の使い方―落合信彦選集〈6〉 (小学館文庫)
(1999/12)
落合 信彦

商品詳細を見る

| その他、コラムなど | 21:17 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/03/23 09:44 | |

こんちは。
今日は理科についてききたいです。

前に化学か物理はどっちかを先に得意にしたほうがいいときいて、
俺は化学のほうが好きだからそっちからいこうかなと思ってます。
物理は授業取ってるんだけど化学はとっていません。

今まで英語と数学と古漢に力を入れていたのでちょっと多めにやらなきゃというのがあるんですが、
ハナさんは理科どんくらいやってましたか?

全部を10としたら
化学3物理2くらいにしようと思ってます。


あと早慶とかの滑り止めって意識していましたか?
東大にむけてやっていれば直前期にすこし過去問やるとかで大丈夫なんですかね?

| にぼし太郎 | 2010/03/24 22:04 | URL |

Re: タイトルなし

シャ―さん

これは素晴らしいですね。自ら敷かれたレールから踏み外す勇気は僕も見習いたいです。
是非、異国の地で成長して下さることを祈っています。

> いつもブログを読ませて頂いていますが今後も勇気と元気を頂きにやってきます。あなたのような東大生こそ真の東大生だと思います。

こちらこそありがとうございます。こんなに嬉しいコメントまで頂いて。
今後とも精進していきますので、よろしくお願いします。

| ハナ | 2010/03/26 00:06 | URL |

Re: タイトルなし

ニぼし太郎さん

こんにちは!

> ハナさんは理科どんくらいやってましたか?
そうですねー高校3年の時は全部を10としたら
英語1.5 国語1 数学2.5 化学3 物理2
くらいでしたかね。理科は結構やっていたように思います。

理科は全く同じような比率ですね。笑

>
> あと早慶とかの滑り止めって意識していましたか?
> 東大にむけてやっていれば直前期にすこし過去問やるとかで大丈夫なんですかね?

僕は全く意識していませんでした。理系の場合、東大に入れる実力を身に着けていれば、直前のみの対策で問題ないでしょう。

| ハナ | 2010/03/26 00:25 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jyukenhacks.blog86.fc2.com/tb.php/307-31ef7281

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。