キャッシング

大学受験HACKS♪ ~大学受験の知恵と勉強法~

現役東大生が送る大学受験を楽しくする知恵が満載なブログ。最新の脳科学とツールを駆使して、「少ない努力で最大の成果を」をモットーに楽しく成果が出る大学受験勉強法を紹介しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

まとめノートよりも情報カードを活用する

以前、センター社会の勉強法 という記事で紹介した情報カードを使った暗記法、これをもう少し一般化してみようと思います。

情報の整理の仕方として、まずあげられるのはノートなどにまとめるという方法があり、多くの受験生がやっていると思いますが、これはあまり効率が良いやり方ではないです。その理由として、「復習がしにくい」「自分の理解度に応じた分類わけがされていない」という点が挙げられます。

ノートであっても付箋をつけるなど、色々工夫すればこの問題は解決するのだろうけど、そうではなくて情報カードでこの問題を解決する方法を書いていきます。

なお、一般化にあたっては、相互リンクをしていただいている受験勉強法ブログさんの3box暗記カード勉強法も参考にさせていただきました。私の記事は独自の視点もあり異なる部分も多いので、是非こちらも合わせてお読みください。




理解の程度はおおよそ3段階

まず前提として、人間の理解度はだいたい3段階あるということを理解して下さい。

それは「全く覚えてない(×)」「なんとなく覚えている(△)」「完璧に覚えている(○)」の3つです。これは経験的になんとなく分かるのではないでしょうか。
(○△×の記号はこれから記事を書くために便宜上ふったものです。)

それを情報カードをうまく活用して、分類して、効率の良い暗記をしていきます。


クラス分けして分類する

まずは、「3つの箱(○△×用)」そして「様々な大きさの情報カード」を用意する。そして覚えたい事柄を1つのカードには1つの情報を基本に書いていく。(日本史や世界史、地理等では、ひとつのトピックでも良い。科目別にはこの後述べる)この際に表面は質問、裏面は答え、という単語カード形式にする。

そして、情報カードをそれぞれの理解度のクラス(○△×)に分類していく。最初から完璧というのはあり得ないので、だいたい△または×の箱に収納されるでしょう。そしてそれぞれの箱の中で、科目やトピックごとに分類して下さい。左上に穴を開けて、キーホルダーの金具で留めると良いでしょう。

そして大事なのはここからで、定期的に随時クラス分けする。△のもので、完璧に覚えたなと思ったら、○に入れる。×のもので、なんとなく覚えてきたなと思ったら△に移すなど。また逆もありで、○に入れたけどまだ完璧に覚えてないなぁと感じたら、△に降格させる。目安は量にもよりますが、1週間に一度くらいの整理がいいと思います。

さらに、せっかくクラス分けしたので、それぞれのクラスのカードを見直す頻度も当然変える。×のものは出来るだけ多く、△のものはそこそこ、○のものは月に1回または模試の前だけというようにする。

つまり、分からないものをやる頻度を上げて、わかっているものをやる頻度を下げて、徹底的に無駄を省くという仕組みです。まとめノートを作るよりもはるかに効率がいいと僕は思います。


注意点と活用法

まず注意点として、基本的に初学の段階では絶対これをやらないでください。例えば、新しく単語帳を買ってきてどんどん情報カードを作ったり、数学の新しい分野の公式を全て情報カードに写したりは時間の無駄です。

情報カードを作る時間というのは「作業」であって「勉強」ではないです。単語帳などをやっていても、覚えきれないもの、数学の公式もどうしても覚えられないものに対して情報カードを作るようにしてください。

地歴に関しても基本的にまずは教科書等を勉強して、よく分からない部分をまとめたり覚えにくそうなものに絞ってください。でないと膨大な作業をしてしまうことになります。一度で覚えられるものや覚えているものに対してはこの作業をするだけ時間の無駄です。


科目別具体例

では次に具体的にどのようなものに対して情報カードを作るかを書いていきます。ほんの一例でしかないと思うので、参考にして自分なりにアレンジしてください。基本的には表面に問題、裏に解答と関連知識を書くのがいいと思います。問題演習を通して、出来なかったものを中心にしていくといいかと思います。

英語
・長文などを読んでいて出てきた新出単語
・間違えた文法問題
・これは丸暗記したいと思った英文(英作文問題)
・正しく訳せなかった和訳問題

単語に関しては名刺サイズの情報カード、そのほかはもう一回り大きいのが良いかと思います。

数学
・どうしても覚えられない公式や公式の導出過程
・問題を解く上での定石的な開放(例えば様々なタイプの漸化式の解法など)

化学
無機化学や有機化学の抜けている知識など。特に無機は表にすると良い
理論ではどうしても出来ない分野

物理
・覚えられない公式
・出来なかった基本的な原理を理解する問題

※化学・物理・数学に関しては応用問題は情報カードにする必要はないと思います。暗記すべきものだけにしましょう。

社会系科目
・基本的には覚えきれない部分
・地理に関しては地図に色々な情報を書き込むのも良い(この場合はA4サイズの厚紙でも良い)

国語
・古文・漢文の単語や構文の意味など


ツール

情報カード B6 補助 8ミリ罫 2穴 C-2608情報カード B6 補助 8ミリ罫 2穴 C-2608
()
コレクト

商品詳細を見る


名刺サイズ↓
情報カード 名刺サイズ 無地 C-211情報カード 名刺サイズ 無地 C-211
()
コレクト

商品詳細を見る


三段の収納ボックス
レターケース A4 浅3段・A4・タテ型 アイボリー NLC-3レターケース A4 浅3段・A4・タテ型 アイボリー NLC-3
()
ナカバヤシ

商品詳細を見る

| 記憶の仕方 | 10:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

G戦士みたいに勉強以外のこと書けないの?
しかも勉強法は既出

| | 2009/09/02 20:34 | URL |

私は個人的な考え等をこのブログには書くつもりはありませんので、あなたの要望にお答え出来ません。

私はG戦士さんとは違う人間であるということをご理解ください。

| ハナ | 2009/09/03 15:12 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jyukenhacks.blog86.fc2.com/tb.php/208-6d8e9320

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。