キャッシング

大学受験HACKS♪ ~大学受験の知恵と勉強法~

現役東大生が送る大学受験を楽しくする知恵が満載なブログ。最新の脳科学とツールを駆使して、「少ない努力で最大の成果を」をモットーに楽しく成果が出る大学受験勉強法を紹介しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新しい科目の勉強の仕方

最近よく思うのは、新しい分野を勉強する時は、まずは全体像を把握するということです。

大学院に入っていろいろと新しいプロジェクトをやっているわけですが、まずは全体像をみないといくら細かいところをやっても成果に結びつかないわけです。

そしてその全体像の勉強はReviewと呼ばれる、その分野をまとめた論文を読みます。

いきなり個々の論文を読んでも理解出来ません。必ず新しい分野を勉強する際にはいいReviewを探して読むの鉄則です。



大学受験の時も、新しい分野をやるとき、出来るだけ薄い参考書をざっと読むことが大切かと。

いきなりしっかりした格式高いものをやっても、僕は頭があまりよくないので続きません。

今回はそんな参考書で僕が実際に高校の時に使ったものを紹介します。

*いつもありがとうございます。ランキングが最近下がってしまいました><是非ともクリックしていただけたらうれしいです。



化学


化学無機この整理法47合格を決める (シグマベスト 大学入試の得点源)化学無機この整理法47合格を決める (シグマベスト 大学入試の得点源)
(1995/09)
目良 誠二

商品詳細を見る


化学有機この系統整理法65で合格を決める (シグマベスト 大学入試の得点源)化学有機この系統整理法65で合格を決める (シグマベスト 大学入試の得点源)
(1995/09)
目良 誠二

商品詳細を見る


上の2つは、「整理法」ということでコンパクトにこの分野がまとまっています。

一通りその分野を勉強してからやる本と思われがちですが、これは勉強の最初に一通り読むのは本当に効果的でした。整理されているので、要点が最初からわかるわけです。

もちろんこれだけじゃ足りないですが、これを足がかりにしてほかの参考書なり予備校にいくというのがいいのではないでしょうか。

このシグマベストシリーズは非常におすすめです。



物理


橋元の物理をはじめからていねいに―大学受験物理 (力学編) (東進ブックス―名人の授業)橋元の物理をはじめからていねいに―大学受験物理 (力学編) (東進ブックス―名人の授業)
(2004/11)
橋元 淳一郎

商品詳細を見る


これは以前にも紹介しましたが、物理という一見とっつきにき科目に対して、現象のイメージをしっかり把握することで取りかかりやすくしてくれる非常にいい本です。

物理がどうも苦手、という人にはお勧めします。

僕は高2の時に全く学校の物理の授業がわからず、これを読んで勉強していました。



ひとまず物理と化学の2科目を紹介しましたが、どの分野もきっとこういう本があるはずです。

新しい分野を始めるときはまずは簡単な本で全体像を把握すると効率が上がると思うので実践してみてください。

| 勉強法一般 | 07:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。
物理はうちの子、この本使ってます。
化学はまだなにもやってないので、参考にさせてもらいますね!

それにしても、ハナさんほどのかたでも物理、学校の授業がわからず、だったんですね!
親近感沸きました☆
私はいまだわからず、ですけどね(笑)

| anon | 2009/05/13 20:59 | URL | ≫ EDIT

>anonさん
物理はこの本分かりやすいですよねー
化学は特に無機化学はお勧めです。これと「福間の無機化学」という本をやれば完璧ですよ!

正直、僕は学校の授業はほとんど聞いてなかったからです。いつも部活のために体力温存で寝てました。
だから逆に参考書に詳しくなったのかもしれませんね。笑

| ハナ | 2009/05/15 19:05 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jyukenhacks.blog86.fc2.com/tb.php/172-61bf1dd9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。