キャッシング

大学受験HACKS♪ ~大学受験の知恵と勉強法~

現役東大生が送る大学受験を楽しくする知恵が満載なブログ。最新の脳科学とツールを駆使して、「少ない努力で最大の成果を」をモットーに楽しく成果が出る大学受験勉強法を紹介しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東大への道のり?

シリーズ6回目です。

前回までのあらすじ↓

東大という名前を知ったのは著者が小学校のころ、教育者だったおじいちゃんの影響。
亡くなったおじいちゃんのためにも漠然と東大に行こうと思うも、バスケに明け暮れてその場しのぎの勉強しかしなかった中学生活。
高校2年に上がる前に、このままではまずいという風に思い立って塾に通うことを決意、そこである一人の英語教師と出会い、更に3年になってもう一人の素晴らしい英語教師に出会ったことで、英語に関してはなんとか東大受験レベルの実力がついたが、数学に関してはからきり。間違った思考で勉強していたことに高3の時に気が付く…



※いつも読んでくださってありがとうございます!続きを読む前にランクリお願いします!!



僕の数学の勉強スタンスは端的に言うと、「先にテクニックをすべて身につけてしまおう」というものでした。

これでは数学は伸びません。この考え方の根本的な誤りは

「自分の頭で考えるプロセス」が完全に抜けているのです。
もっと言うとテクニックをいくら覚えてもそれを使う場面をしっかり認識してなかったのです。

いくらテクニックを身につけても、まったく同じ問題なら対応出来るけれど、少しでも違う問題だと対応できない、まさにそんな状態でした。

そして残念ながら東大の入試には、「見たことのある問題」が出ることは滅多にありません。

数学は暗記と和田さんをはじめ多くの人が唱えていますが、これは言葉の問題で論理的思考に基づいた理解をした上での暗記だと僕は捉えています。

この「論理的思考力に基づいた理解」というのは、まずは自分の思考を知ることから始めなければならないと思います。答えが分からなかったら解答を見る、のではなくて今ある知識でどうやったら答えを導き出せるかをまず考えてみる。

この試行錯誤のプロセスを経てからテクニックの存在を知る、という一連のプロセスが大事なんだと思います。
そうしないとテクニックは身につかないし、もっと言えば別にテクニックなんて知らなくても論理的に正しい泥臭い方法で答えに辿り着いても、それはそれで満点が貰えます。そしてこういう泥臭さ、も数学力においては重要だと思います。
(実際に僕は東大入試の整数問題で非常に泥臭い方法で解ききりました)

当時僕が習っていた数学の先生の言葉で

「数学は全く分からない問題に対して試行錯誤している時間が勉強であって、それ以外の時間は勉強ではなく作業だ」と言っていました。

これはまさしく的を得ていると思います。

僕はこれを意識してから数学が伸び始めました。特にセンター後に、毎日東大形式のテスト演習を時間を計ってやるという勉強法をしたら驚くほど伸びました。

数学を勉強している高校生は、ある程度公式を覚えて基本問題が解けるようになったら、ぜひこういう勉強を心がけて欲しいです。


次回は物理・化学について書きます。

| 東大合格体験記 | 15:17 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jyukenhacks.blog86.fc2.com/tb.php/168-feb90708

TRACKBACK

クロムハーツ ピアス

東大への道のり? 大学受験HACKS♪ ~大学受験の知恵と勉強法~

| クロムハーツ ピアス | 2013/10/23 14:04 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。