キャッシング

大学受験HACKS♪ ~大学受験の知恵と勉強法~

現役東大生が送る大学受験を楽しくする知恵が満載なブログ。最新の脳科学とツールを駆使して、「少ない努力で最大の成果を」をモットーに楽しく成果が出る大学受験勉強法を紹介しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【受験生】 センター後の勉強法 

センターの予想等もひと段落し、2次に向けて頑張っている受験生が多いと思います。

今回は2次試験までの勉強法について、記事を書きたいと思います。

僕はセンター後に伸びたと実感できるくらいセンター後に学力が上がりました。

なのでまだまだ時間はあると思います。

そこで気をつけることなんかを踏まえながら書いていきたいと思います。

※ランキングクリックいつも励みになっています。久しぶりの更新ですので、どれか一つでも押してください><




「分かる」を「出来る」に変える

これは主に理系科目ですが、文系科目にも当てはまると思います。

これまである程度勉強をしていた人なら、誰でも基礎的な知識や問題を解くための知識はある程度知ってはいると思います。

これを確実に点数に昇華させることが出来るかどうかで、入試の合否は決まってくると思います。

ほぼ同じような学力の場合、合否の分かれ目は要領の良さとメンタル、と言っても過言ではありません。

そのためにはどうするか?

過去問やテスト形式の問題を時間を計って解きまくってください。

答え合わせをして、自分に足りない知識を確認するのはもちろんですが、

「どういう時間配分をすれば点数が取れるか」や「ここに10分間費やしたけど、捨ててほかの問題を考えた方が良かったんじゃないか」など、志望校に対する具体的な戦略を練ってください。

僕の例を少し紹介すると、

早稲田と慶応は英語と化学だけで受かる学力があったので、数学と物理はケアレスミスだけには気をつける、という戦略をとりました。つまり残り10分のとき、「もう1問新しい問題を解きに行く」のではなく「今まで解いたのを見直しをして、ケアレスミスをなくす」ということをすると決めていました。

東大の場合は、数学はまず1完、と心に決めて、6問を最初に3分ずつ解いて、解き切れそうな小問を確実に解いたのちに一番解けそうな問題について集中して解く、という戦略をとりました。

どうすれば最も受かる可能性が高いか、ということを常に考えてください。


今までやった問題を解きなおす

上のような対策に加え、やはりこの時期はいままで解いた問題を解きなおすことが大事だと思います。いつも言ってますが必ず時間を計ってください。

同じ問題を解きなおしても、意外と出来なかったりして、きっと新しい発見があります。

新しい問題集に手を出すよりは今まで解いたもので出来なかった問題を解きなおした方がはるかに効果はあると思います。

また、試験で一番後悔するのは「見たことのある問題なのに出来ない」ことです。

これは心理的に一番引きずるので、出来るだけやった問題は完璧にして試験に臨みましょう。




以上です。受験生の方はあきらめずに自分を信じて頑張ってください。


| 志望校対策 | 16:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jyukenhacks.blog86.fc2.com/tb.php/152-a3907028

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。