キャッシング

大学受験HACKS♪ ~大学受験の知恵と勉強法~

現役東大生が送る大学受験を楽しくする知恵が満載なブログ。最新の脳科学とツールを駆使して、「少ない努力で最大の成果を」をモットーに楽しく成果が出る大学受験勉強法を紹介しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

母親について

最近受験生の親の方と相互リンクいたしましたので紹介します。

子育てを振り返る~普通(以下)の親から賢い子は育つの?
子育てをされている母親の方々の思うところは色々あると思います。このブログの方の考え方には非常に納得できるし、参考にさせていただいています。僕も結局は人としての総合力である「人間力」が一番大事だと思います。受験生の方も是非読んでみてください。

ということで、今回はうちの親について書きたいなと思います。

親父の方はあんまり口出さないんで、母親について。

※ランキングクリックいつも励みになっております。是非、クリックお願いします。




うちの母親がいわゆる「教育ママ」かどうかと言えば教育ママなんだとは思います。

中学受験もしました。

けれども、強要して勉強をさせることはほとんどありませんでした。

最終的にはすべて俺の決断でした。

中学に入り、バスケ部に入ることももちろん賛成してくれました。

この頃からは基本的に母親はあまり勉強には口出しませんでした。(その分学校がすごく厳しかったですが)

いい成績をとると褒められて、悪いと次は頑張りなさいと言うくらいでした。


そんな状態で高2になって、学校では受験を少しずつ意識するようになり、俺もそろそろ少しずつ勉強をしなければヤバイなとか思ってました。

今まではテスト前に一夜漬けをするくらいしか勉強してなくて、テスト前意外は自宅で勉強したことはありませんでした。

で、俺は受験のために何をやればいいのか全く分からず、ある塾に入ることを決断します。あまり有名ではない塾です。その塾の魅力は部活をやっていても日程を自分でうまく組めること。その分授業料が高い。

母親と話すと、頑張る気があるならいいよとオッケーしてくれました。

そこで部活と両立させながらある程度頑張って、高校3年からはSEGという本格的に東大対策が出来るところに入りました。

夏期講習や冬期講習など、こっちでも相当お金はかかっているはずです。

今考えると、母親は俺が頑張ろうとしていることに関して、お金を出し渋ったことはないです。

決して裕福なわけではないのに。

本当に頭が上がりません。

だから俺からしたら、「現役で東大受かって少しでも大学の学費を抑えたい」という思いが強かったです。

俺を信頼してくれて多くの学費を払ってくれた母親を裏切りたくないと。

俺がやる気になったときに必ずそれを後押ししてくる、そんな母親でした。

嫌がることを無理やりやらせることはほとんどなく、俺のやりたいようにやらせてくれました。

だから逆によかったんだと思います。




必ず親孝行しなきゃいけないですね。


| リンク紹介 | 18:54 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ありがとうございます

ハナさん記事で紹介いただいてありがとうございます。
嬉し恥ずかし恐れ多し、スポーツばっかりに重点置いててスミマセンって感じです^^;。

今日の記事読ませていただいて、
やっぱり東大合格されるようなかたは、うまく両立されていた、両方に全力を使われていたんでしょうね。
とどのつまりは本人次第なので、私は提案するだけですが、
すきま時間の使いかたが来年夏までの課題だなあと思いました。

お母さまの気持ち、とってもわかります。
子どもが望むことなら親は全力で応援したいです。

大学生ですでにその気持ちに感謝ができるハナさんは素晴らしい。
親の立場で言わせていただくと、よいお子さんを育てられた素晴らしい親御さんだなあと思います^^。

子どもが一生懸命生きていること、もうそれだけで親孝行ですよ♪

| anon | 2008/12/27 22:34 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jyukenhacks.blog86.fc2.com/tb.php/139-2fc2d015

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。