キャッシング

大学受験HACKS♪ ~大学受験の知恵と勉強法~

現役東大生が送る大学受験を楽しくする知恵が満載なブログ。最新の脳科学とツールを駆使して、「少ない努力で最大の成果を」をモットーに楽しく成果が出る大学受験勉強法を紹介しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【全学年】 英文解釈はこの1冊

今回は英文解釈についての記事です。

単語も文法もある程度勉強したんだけど、いざ長文になると読めない、という人は結構多いんじゃないかと思います。

自分もそうでした。

それは慣れの問題もあるのですが、大学受験という短い中で何も考えずにひたすら英文を読むのはあまり効率がよくないです。

英文を読む上での最低限のルール(たとえば文が前置詞から始まったらそれは絶対に主語にならないなど)を学ぶべきだと思います。

これを英文解釈と言います。

今回は非常にすぐれた英文解釈の参考書を紹介します。はっきりいって、英文解釈はこの1冊で十分です

それくらいお勧めできる参考書です。

※続きを読む前にランキングのクリックお願いします☆



ビジュアル英文解釈

ビジュアル英文解釈 (Part1) (駿台レクチャーシリーズ)ビジュアル英文解釈 (Part1) (駿台レクチャーシリーズ)
(1987/12/10)
伊藤 和夫

商品詳細を見る


ビジュアル英文解釈 (Part2) (駿台レクチャーシリーズ)ビジュアル英文解釈 (Part2) (駿台レクチャーシリーズ)
(1994/08)
伊藤 和夫

商品詳細を見る


著者の伊藤和夫先生は、本当に英語の理論をどうやったら高校生にわかりやすく伝えられるかを研究してきた方で、この人の本は間違えないです。

ただし、量が多いので途中で挫折しないことが肝心です。

途中で挫折しないための、「覚悟」をしてください。

これは本当に名著です。絶対に最後までやれば力がつきます。それを信じて頑張ってください。

高校2年生のうちにこれをしっかりこなすことができれば、入試の英語においては得点源になるでしょう。

また、この本を使った勉強法を紹介しているサイト、ビジュアル英文解釈を使った英語勉法というものもあります。

こちらも是非活用してください。

| 長文 | 22:32 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして!
すてきなブログですね。

私は投資系サイトをやっています。
よかったら一度、遊びに来てください。

スキャルピング道: http://scalpingdo.com/
ブログ: http://scalpingdo.com/blog/

| スキャルパー | 2008/12/20 08:44 | URL |

はじめまして。私のブログにコメントありがとうございました。
コメントのリンクからこちらにおじゃまして
「あっ!ここついこの間お邪魔したわ!」と気付きました。

英語の長文のことを調べていて、
ここの記事参考にさせていただこうと思ったんです^^。
(ただし記事を書くのが遅いので、まだ書いてません)
その際は記事からリンク貼らせていただいていいでしょうか。

よろしくお願いします。

| anon | 2008/12/22 23:54 | URL | ≫ EDIT

>スキャルパーさん
コメントありがとうございます!

是非ブログの方にも遊びにいってみますね。

>anonさん
こちらこそコメントありがとうございます!!
そうでしたか、光栄です☆

英語の長文については是非参考にしてください。
リンクも大歓迎です。

よろしければ相互リンクを貼らせていただけますか??
リンク集に追加させていただきました。

| ハナ | 2008/12/23 01:56 | URL |

ビジュアルをやってる者

この間センター模試いってきて、やる前はビジュアルのパート1おわって2はいってるんだから長文はいけるだろうと思って望んだところチョコレートの話もあまりわからず不甲斐ない成績に終わりました。ほんとにこの本をかって冬休み潰してよかったのかな~と不安に思うことがあります。ビジュアル経験者からみて、どうでしょうか?また、このサイトはビジュアルでわからなかったところなどを質問の場にしてもよろしいでしょうか?ちなみにPART1は3周しました・・・

| いとかず | 2009/01/21 20:36 | URL |

>いとかずさん
そうですか。
このブログの長文の勉強法の記事は読みましたか?ただやるだけではなくて、長文を音読してスラスラ感を得ることの方が大事だと思います。

また、長文の勉強にはビジュアルのような精読も必要ですが、多読も必要です。実はセンター試験の場合は短い時間で長文の大まかな意味をとる能力が大事なので、ビジュアルをやってすぐに点数が上がるとは思いません。
また、いかに英文解釈ができても単語が分からなかったら意味がないので、単語の勉強もしなければなりません。

ビジュアルはそういった多読に耐えうる基礎を作るものだと思ってください。ビジュアルで英語の読み方の基礎をマスターし、長文をいくつか読んでいけばきっとセンターレベルの長文では満点を取れると思います。

また、ビジュアルの質問の場にしてもよいかという問いに対しては、僕がわかる範囲でなら答えます。
ただ、今手元にビジュアルがないので、質問の内容はそういう前提でしてください。このブログは僕が無償でやっているものなので、どうしても分からないところのみを質問して下さい。僕もそんなに暇ではないので。
そのあたりを理解していただけるのであれば、かまいません。

| ハナ | 2009/01/22 15:26 | URL |

ビジュアルの復習はどういう風にされていましたか?
長文の勉強法の記事に書かれているやり方で復習すればいいのでしょうか?

| アイ | 2009/11/02 21:11 | URL |

>アイさん
僕はひたすら音読or黙読しながら頭の中で解説が再現出来るかどうか試していました。
長文勉強法の記事に書いてあるやり方で復習しても良いと思いますよ。ただ分量が多いので、一通り全て復習してからいくつかの長文をすらすら感が出るくらい読み込むことをおすすめします。

| ハナ | 2009/11/02 21:22 | URL |

復習のときには頭の中で和訳(黙読)→模範訳と見比べるというやり方でやっていたので、果たしてこれでいいのかと思って質問しました。
今までのやり方でやっていき、解説を再現できるかに重点を置いていきます。

| アイ | 2009/11/03 01:12 | URL |

Re: タイトルなし

> 復習のときには頭の中で和訳(黙読)→模範訳と見比べるというやり方でやっていたので、果たしてこれでいいのかと思って質問しました。
> 今までのやり方でやっていき、解説を再現できるかに重点を置いていきます。

和訳というよりは、英語を英語のまま理解することを心がけると良いですよ。
頑張ってくださいね。また質問がありましたらいつでもどうぞ。

| ハナ | 2009/11/06 23:50 | URL |

No title

すみません。
長文の勉強法は「精読⇒多読(速読)」だと聞いたのですが
精読はいつまでやればいいのでしょうか?
解釈系参考書の例文(長文)の意味がわかるようになれば
精読終了ということで多読に入るのでしょうか?

| 高3です。 | 2010/04/20 10:50 | URL |

すみません><
↑の質問は解決したので
流してくださって結構です;;

今回は別の質問なのですが
私は文法、単語、熟語、構文を一通り終えて
次は英文解釈に入ろうと思っているのですが
どの参考書を使用すればいいでしょうか?
ちなみに高3、関関同立文系、独学、偏差値50です。

ビジュアル英文解釈は
時間のない人はやめた方がいいとも聞きました。
でも、この「時間のない人」の定義がよくわかりません;
私のこの状況で、ビジュアルをするのはどうなのでしょうか?

あと候補に挙がっているのは基礎英文解釈の技術100です。
しかしこの参考書は使用した後に
別の問題集で実践しなければ意味がないと聞きました;

具体的に「これやって、その次にこれ」
というコース(?)というのはありますか?

よろしくお願いします。

| 高3です。 | 2010/04/21 16:34 | URL |

Re: No title

>高3です。さん

結論から言うと、どっちも必要です。この時期は精読だけ、この時期からは多読を、という勉強スタイルではありません。

要するに比率の問題です。初期の段階では精読を重視しつつも、初見で長文を読む練習も少しはしておきましょう。また、精読した文章はスラスラと音読しながら意味が頭の中に入ってくるまでしてしまいましょう。精読で意味が取れたら終わりにするのではなく、ここまでやると飛躍的に英語力が上がりますよ。

| ハナ | 2010/04/23 21:57 | URL |

Re: タイトルなし

高3です。さん

>ビジュアル英文解釈は
時間のない人はやめた方がいいとも聞きました。
分量が結構あるので、時間の有無と共に根気がないと最後まで続きません。
時間のあるないの定義は、結構曖昧だと思いますが、英語以外の科目の出来がどの程度かを判断すると良いでしょう。

英語以外にやることがたくさんありすぎる人は高3からビジュアルやるのは少しおそいかもしれません。

基礎英文解釈の技術100もいいと思いますよ。
これやったらあとは模試や長文の本で、長文を鍛えましょう。

コースは特にあるわけではないですが、個人的には
高校2年で英語に割ける時間が割と多い人にはビジュアルを、高校3年で他にも時間を割かなければならない人には英文解釈の技術100をすすめています。


その後の長文の問題週は何をやってもそこまで大差ないと思います。

| ハナ | 2010/04/23 22:14 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jyukenhacks.blog86.fc2.com/tb.php/131-5bb79f08

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。